意外と多い国際ロマンス詐欺!事例や注意点など基本的な内容について詳しく解説

当サイトは意外と多い国際ロマンス詐欺についての情報をご紹介しています。
事例や注意点など基本的な内容について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
近年件数が増えているという恋愛がらみの国際的な詐欺に巻き込まれないためにも、知っておきたいポイントとなっています。
インターネット以外でも国際的なロマンス詐欺はあるので油断することはできません。
またSNSで件数が増えたのが国際的なロマンス詐欺です。

意外と多い国際ロマンス詐欺!事例や注意点など基本的な内容について詳しく解説

最近何かと話題になることが増えているのが、国際ロマンス詐欺ですが具体的にどのようなものなのか解説が知りたいという人もいるのではないでしょうか。
国際ロマンス詐欺は海外の人が恋愛相手になり、相手から金銭を立て替えて欲しい・貸してほしいと言われることが多いのが特徴です。
しかし実際のところ、本当に海外在住の相手であるとも限らないのは注意したいところです。
また個人ではなく、詐欺団が騙していることもあります。

実際にあった国際ロマンス詐欺の事例

兵庫県に住むある女性(シングルマザー)がマッチングアプリで国際ロマンス詐欺に実際にあった事例です。
彼女はマッチングアプリに初めて登録したところ、韓国人と日本人のハーフだと名乗る男性から積極的なアプローチを受けました。
彼女自身も韓国ドラマなどに興味があったこともあり意気投合し、マッチングサイト上ではなく毎日LINEから直接連絡を取り合うようになったのです。
彼の名前はジャックで、連絡先を交換すると一生懸命に拙い日本語で積極的に交際をアプローチするようになりました。
結婚を意識させる、日本人男性にないような積極的なアプローチに魅かれていくと、だんだん投資のようなギャンブルの話を提案してきたのです。
彼が勧めてきた投資サイトは、あらかじめサイトに仮想通貨を送金し、かける金額を決めてアルファベットや番号を選び、その組み合わせ次第で払い戻される金額が増えたり減ったりする仕組みです。
彼が指定したとおりの組み合わせでお金を賭けて2万円ほどの利益が出ると、「二人の将来のためにもっとお金を増やそう」と多額の送金を執拗に催促します。
簡単に利益が出る上にいつでも自分の意思で利益を引き出しできると思い、その後は100万単位で入金して気づけば570万円出してしまったのです。
送金後不安になったのでインターネットで検索すると同様の手口で詐欺に遭った被害者らを見つけ、自身が国際ロマンス詐欺にあったと気づいたのです。

国際ロマンス詐欺にあった時に通報するべき連絡先

日本では2009年頃から、独身女性の間で国際ロマンス詐欺の被害に遭われる方が増加傾向にあります。
30代から60代と年齢の幅が広く、おもに出会い系アプリを通じて詐欺に遭われています。
また海外旅行に行かれる方も遭いやすく、現地では見知らぬ異性とは気軽に会話をしてはいけないと外務省でも注意勧告をだされるまでになりました。
そこでここでは、国際ロマンス詐欺にあったときに通報するべき連絡先について見ていきましょう。
国内で国際ロマンス詐欺にあった場合は、国内の警察に連絡をします。
一般的な所轄ではなく、各都道府県の本部に対策室があるのでここを頼ることです。
もしも海外で被害にあった場合は、日本大使館とインタポールに通報をします。
インターポールは国際警察のことであり、海外で暗躍をしている国際ロマンス詐欺の摘発に尽力をされているところです。
海外旅行に行く場合は、この2箇所の連絡先を必ず調べておくようにしないといけません。

国際ロマンス詐欺被害にあうとどうなるの?

国際ロマンス詐欺の被害にあうと、どうなってしまうのか気になるかもしれません。
基本的に命の危険が伴うようなことは少なく、大体のケースですと金銭的な被害だけを受けることになります。
国際ロマンス詐欺は大金を取られることも多いので、数百万円や場合によっては数千万円レベルのお金を取られてしまうことも珍しくないです。
国際ロマンス詐欺にあうと国内で結婚詐欺に巻き込まれた場合よりも、お金を取り返すのが難しい特徴があります。
国内の結婚詐欺の場合は実際に詐欺の犯人とデートをしたりすることもあるので、ある程度どのような人物なのかは把握することが可能です。
そのため警察が捜査をすることで犯人を逮捕することができますが、国際ロマンス詐欺の場合は一度も会わずにSNSなどで交流をするだけで交際を深めていくことになります。
遠距離恋愛のような形で交際をすることになりますが、海外に犯人がいる場合は騙されたお金を回収するのが難しくなるので大変です。

国際ロマンス詐欺の送金までの流れ

国際ロマンス詐欺の送金手口は似通ったものが多く、恋愛や結婚などを餌にしてお金を送らせようとします。
マッチングアプリやSNSなどを利用して被害者に接触をはかり、結婚などを約束した上でピンチを演出するのが国際ロマンス詐欺のよくある手法です。
海外から日本に来るための渡航費用が足りない、プレゼントを贈ったが税関で差し押さえられてしまったため解除のためのお金が必要といった理由を訴えることもあり、迫真の演技から人によっては信じてしまうでしょう。
お金を送るように言われた後、銀行口座に振り込みを頼まれたり、直接現金を送金したりといった方法を指示されるのがよくある流れです。
お金を送ってしまうと相手からの連絡が途絶え、被害に気付いた時には相手と話すこともできなくなっています。
渡してしまったお金は相手がそのまま持って行ってしまうため、自力で取り返すためには大きな手間と負担が発生することになるでしょう。
国際ロマンス詐欺に遭わないためには、相手の言い分をよく吟味し、お金を送ってしまう前に注意が必要です。

国際ロマンス詐欺に関する情報サイト
国際ロマンス詐欺の参考サイト

当サイトは意外と多い国際ロマンス詐欺についての情報をご紹介しています。事例や注意点など基本的な内容について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。近年件数が増えているという恋愛がらみの国際的な詐欺に巻き込まれないためにも、知っておきたいポイントとなっています。インターネット以外でも国際的なロマンス詐欺はあるので油断することはできません。またSNSで件数が増えたのが国際的なロマンス詐欺です。

Search